オシャレなだけじゃない?!本当に使えるローソファー

ローソファーが本気で使える理由

ローソファーとは、一般的なソファーより高さが低いソファーです。高さがない分、圧迫感が緩和され、お部屋を広く見せることが出来ます。床と座面の距離が近いので、床に座るようにくつろげます。足を投げ出して座って、リラックスすることも。

さらに、小さい子供がいると、目が離せない時もありますよね。高いところから落ちて、怪我するかも…心配ですよね。その点ローソファーなら、座面が低いので、安心です。

ローソファーさえあれば、どんな部屋もオシャレに!

実は、ローソファーは、レイアウトが自由に出来ます。その理由は、一般的なソファーと比べて、ローソファーは連結できるタイプが多いこと。また、小さいサイズも豊富です。さらに、リクライニング機能が付いているものや、マットレスに出来るものもあります。

つまり、お部屋の用途によって、色々な使い方ができます。

連結して置いたり、離して置いたり、来客の時だけ動かすことも出来るので便利です。

また、和室にも合います。脚がないタイプのローソファーなら、畳を傷めません。高さがないので、こたつや、座卓にも合わせることが出来ます。

正しい、ローソファーの選び方

まずは、座面の高さをチェックしましょう。高さが合わないと、座りにくかったり、テーブルとサイズ感が合わないことも。次に、背もたれを見ましょう。背もたれの部分に、高さがあると座った時に安定感があります。デザインも大事ですが、身体にとって、心地よいサイズを選んでくださいね。そして、構造や材質を決めましょう。ファブリックなら、あたたかみのある雰囲気ですし、皮素材なら、クールになります。

ローソファーで、理想のくつろげる部屋を作ってくださいね。

背の低いローソファーは部屋を広く見せる効果があるので、狭い部屋でも圧迫感が少なくなります。また、フローリングに座っている人を見下ろすことなく目線も近いので、お互いにリラックスして過ごせます。