知っていた?ウォーターサーバーの種類と違い

ウォーターサーバーの種類を知ろう

ウォーターサーバーは水のボトルを取り付けて、レバーを下げたり、スイッチを押したりすると水やお湯が出てくる機械だと思っている人もいるかもしれません。現在、家庭用のウォーターサーバーとして主流になっているのはこの電気仕掛けのタイプですが、実は電気を必要としないウォーターサーバーもあるのを知っているでしょうか。昔からウォーターサーバーと呼ばれて使われてきたものは他にも二種類あります。

一つは主にガラスやプラスチック製で中に水を入れておき、蛇口やコックなどから水を出せるようになっているウォーターサーバーです。ホテルやパーティー会場などでは今でもよく用いられていて、中身を自由に入れ替えることができるメリットがあります。もう一つは電気仕掛けのウォーターサーバーと同じでボトルを取り付けて使用するタイプの製品です。電気を使わずにコックをひねると水が出るようになっているのが特徴で、上述の二種類の中間的な位置付けのウォーターサーバーとなっています。

電気仕掛けのウォーターサーバーの魅力

三種類あるウォーターサーバーの中で、電気仕掛けのウォーターサーバーが選ばれているのには理由があります。電気代がかかるのは確かですが、衛生管理と温度調節ができるのが魅力なのです。いつでも冷たい水や熱湯を出すことができ、ボトルを入れ替えるときにウォーターサーバーを丁寧に洗浄する必要はありません。気軽に使えて便利という点から電気仕掛けのウォーターサーバーが家庭用として広く利用されるようになっています。

ウォーターサーバーは、常に品質の良い飲み水を供給できるのはもちろん、室内のインテリアの一部としても役立ちます。